今の床は撤去せずに上から貼りましょう!

まいどありがとうございます!
茨木市総持寺のあなたの街のでんきやさん「住まいるでんき館きょうしん」の店長けんじこと堀切憲司です!

 

 

少し前に総持寺のお客様から廊下の床板が古くて怖いから張替えしようと思ってるとご相談がありお伺いしました。

 

もともと土間だったところに床をつくってあったり、昔にご自身で板を貼ったりされたそうでだいぶ傷んでました。

 

 

また廊下と続く台所の床も一部床材が古くなっていて歩くとへこむので、この際一緒に床工事されてはどうですか?とご提案させてもらいました。

 

ご高齢の方もいらっしゃるので万が一床がごそっと抜けてケガしても大変ですから。
今ある床を撤去してやりかえるのも時間と費用がかかるので、
傷んでる箇所に補強を入れて、現在の床の上に床を上から貼ることも一緒にご提案。

 

通常、床の上に床をはると段差が出来てしまうのですが、今回は敷居があり高くした方が段差が減るので安全です。

 

そうして納得して頂き、話をすすめる中で床がキレイになるなら…ということで壁と天井のクロスも一緒に張り替えることに。

 

床だけきれいになってからだと逆に何もしてない壁や天井が浮いてきます。
一緒にやれることはやったほうがおすすめです。

後から「やっぱり一緒にしとけばよかった…」とならないためにも。

そして天井がキレイになるので照明器具も一部は他の部屋に移設して、新しくすることになりました。

傷んでる箇所に補強をいれて、その後に今までの床の上に新しい床を貼ります。

そのための床下地を貼ってます。

 

 

 

写真ではあっという間に済んでますが(笑)
床材も張って完成!

 

 

壁と天井クロスも張替て、照明器具も交換して完成。
もちろん壁のスイッチ&コンセントも全部新しく交換してキレイになってます。

 

 

台所と廊下の床工事に扉など他の工事もあり工期が5日間で完成です。
工事後にはきれいになったと喜んでもらえて良かったです!

 

この度はありがとうございました!

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)