洗面化粧台は上下セットじゃないんです。

 

 

本日はSEKAI NO OWARIを聴きながらブログ更新の、茨木市総持寺のあなたの街のでんきやさん「住まいるでんき館きょうしん」の堀切憲司こと店長のけんじです。

 

 

台風の影響は大丈夫でしょうか?
まだまだ気が抜けない状況なので気をつけてくださいね。

 

 

 

今回のブログは「洗面化粧台の取替工事」の様子なのですが、珍しい取替の仕方なのでご紹介。

普通は、洗面化粧台の取替と聞くと鏡部と手洗い部の「上下セット」ですよね。

 

ですが、今回は上(鏡部)だけの交換です。

 

 

エアコンの取替のご相談でお伺いさせて頂いた時に、エアコンの話を終えた後、奥様から「この洗面化粧台の上だけって交換できるの?」と相談されました。

 

もちろん交換できます!と即答。

 

「できたら3面鏡がいいなぁ♪」とのご希望でした。

幅を測ると750㎜幅の洗面。
そして3面鏡…。

 

 

僕はふと「まてよ…」とあることを思い出しました。

 

 

実は、以前のリフォーム現場で750㎜で3面鏡の洗面化粧台の入替え工事をしたのですが、その時に天井を上げて設置する予定が天井を開けると屋根があり用意した洗面化粧台の鏡部が入らない!!

 

偶然にも低いタイプが新製品で発売されていたので急遽取替。
しかもこの低いタイプは750㎜限定だったのでほんと偶然に助けられました…。

 

なのでその時の750㎜の洗面化粧台の上(鏡部)だけ在庫で残ってしまってました。

 

 

そのことを思い出し、奥様に「ちょうど3面鏡でしかもLEDライトが縦向きの良いのが実は以前のリフォーム現場で僕のミスで新品で在庫になってしまったのがあるので、それを特別価格でどうでしょうか?」とお伝えしたら「うん、それでいいよ♪」と快くお返事頂けました!

 

どうしようかな~って思っていた所に偶然!こういうこともあるんですねー。
ビックリでした。

 

お客様にも「ちょうどそうやって在庫であるんやねー!偶然やねー!まぁできるだけまけといてね(笑)」と喜んで頂けました。

 

 

ということで取替の様子です。

 

取替前の洗面化粧台
取替前の洗面化粧台

 

 

いざ取り外そう!と思い蛍光灯を外した時に「あっ…写真!」と慌てて撮りました…。

 

 

もともとの下地をずらして柱に固定し、その下地に鏡部を固定して完成!
(ブログだとあっという間でしたが、実際は約1時間…)

 

完成後の洗面化粧台
完成後の洗面化粧台

 

 

奥様に写真撮らせてくださいねーと言って撮影してると、
「兄ちゃん、全体像も撮影せなあかんで!」と見事なアドバイスをもらい、後ろに下がり全体図をパシャリ。

 

上(鏡部)だけ取替えた洗面化粧台
上(鏡部)だけ取替えた洗面化粧台

 

 

写真を撮りながら「きれいになったねー!良いやん良いやん!やっぱり新しくなると気分も良くて気持ちいいねぇ♪」と、とっても喜んでもらえました!

 

 

洗面化粧台って上下セットだと思ってしまいがちですが、こうやって上だけ、下だけと別々に取り替えることもできるんです。

 

もちろん、全部が全部上下別々に取替えれる!とはいきませんので、そのへんはご注意くださいね〜!というブログでしたー!

 

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 


LINEを使って相談する方法

登録してメッセージを送っても他の方からは見せませんので、
気兼ねなくお気軽にメッセージくださいね。

こちらのボタンを押してくださいね!
友だち追加数


 

お問い合わせはこちら


〒567-0801
大阪府茨木市総持寺2−11−1
TEL:(072)-624-0041
FAX:(072)-624-7213
MAIL:info@suite-kyousin.com


 

SNSもチェックしてください

Facebook Twitter YouTube Instagram LINE

 

 

 

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。