台所の換気扇(レンジフード)をいつまでも綺麗にする方法…なんてあるのか?

リフォーム, キッチン, 設備商品, 工事

 

 

YouTube動画を作っていたら「パソコンがフリーズ」して改めて「パソコンがなかったら何もできない」ことを痛感した大阪府茨木市のあなたの街のでんきやさん「住まいるでんき館きょうしん」の堀切憲司です!

 

 

かれこれ3時間ほど格闘しましたが、惨敗です…。

 

 

さていきなり話が変わるわけですが、台所の換気扇()をいつまでも綺麗にする方法ってご存知ですか?

 

もちろん、掃除あるのみです。

 

が、「いつまでも綺麗」はどう頑張っても難しいです。
というのも取り外して掃除できる部分はいいですが、その他の取り外せない部分や隠れて掃除できない部分は最初は綺麗でもだんだん汚れてしまいます。

しかも掃除できないのでどんどん汚れます。

 

かといって汚れるたびに取り外して分解掃除なんてできませんよね?

これはもう諦めるしかありません!(笑)

 

 

ただ、お掃除できる部分は綺麗にしてくださいね!「いつまでも綺麗に」はできなくても「長く綺麗を保つ」ことはできます!

台所の周りなのでコツは「その都度」掃除です。
油分が固まってしまってからではこびりついて取れないので固まる前なら簡単に拭き取れます。

なので毎回ちょっとだけ掃除する!これが一番ベストです。

 

 

そしていつかは取り替えることを前提に掃除してもらう方が「まぁまぁ綺麗にできてればそのうち取り替えるし…」と思えて気が随分楽です!(笑)

 

 

前置きが長くなりましたが最初の写真のレンジフード、20年以上お使いだった台所の浅型レンジフードの取り替えをさせてもらいました。

 

 

まずは油分やらでネジ頭も見えなくなっていて取り外しが最初の難所でした。

 

取り外して掃除した後

 

 

 

無事取り外しを終えると、本体の裏など掃除できなかった部分の掃除が難所です。

固まった油分は「拭く」より「削る」方が綺麗になります!

 

 

 

綺麗に掃除をしたらあとは本体を順番に取り付けて完成!

 

浅型レンジフード完成!

 

 

 

完成後に試運転と吸い込みテスト。

 

吸い込みテスト

 

バッチリ吸いこんでます!

 

 

工事後に仕上がりの確認と説明をさせてもらいまいした。

 

その時に奥様から「お掃除ってどれぐらいしたらいいのかな?」と聞かれたので

「できればその都度がベストですが、週一回とか月に一回とか掃除する日を決めてもいいですよねー。あとは15年使ったら交換する!って決めてぼちぼち掃除されると気が楽ですよ(笑)」
とお答えすると奥様からも「そうやんねー。どうせ汚れて綺麗にしようと思ったら最後は交換やね!」と普段家であまり掃除しないのに掃除のことをあたかも「デキる男風」に語ってしまいましたがキレイなレンジフードになって喜んでもらえましたー!

 

 

換気扇(レンジフード)を一番綺麗にする方法は「取り替える」!

「台所の換気扇ってお掃除してもキレイにならない…」とお悩みの方はお掃除頑張りすぎずに取り替えることも頭の片隅に入れといてくださいねー。

 

 

と、このブログを読んだ妻から「じゃあ換気扇の掃除頼むデー」と言われないことを願いつつ換気扇のブログでした。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

 


LINEを使って相談する方法

登録してメッセージを送っても他の方からは見せませんので、
気兼ねなくお気軽にメッセージくださいね。

こちらのボタンを押してくださいね!
友だち追加数


 

お問い合わせはこちら


〒567-0801
大阪府茨木市総持寺2−11−1
TEL:(072)-624-0041
FAX:(072)-624-7213
MAIL:info@suite-kyousin.com


 

SNSもチェックしてください

Facebook Twitter YouTube Instagram LINE

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。