トイレの手すりはL字がもちやすい。

まいどありがとうございます!
茨木市総持寺のあなたの街のでんきやさん「住まいでんき館きょうしん」の店長けんじこと、堀切憲司です!

 

 

いやー、蒸し暑かった昨日とはうってかわって今日は肌寒かったですね。
風邪をひかないようにしましょうね。

 

 

今日は少し前の仕事の話。
以前にご購入頂いた商品の点検訪問にお客様宅へお伺いしました。
その時に「あー兄ちゃんちょうど良いときに来てくれたね。手すりを考えてるのよ。」とのこと。

 

そのままお家の中で手すりが欲しい場所の確認とどんなふうな工事になってどんなふうな手すりがつくのかご説明。そして見積書をつくって「それじゃあお願いね。」とご依頼を頂きました。

 

手すりが欲しいのが廊下とトイレ。

もともと小便器と大便器があってそれを1つにしたので通常よりトイレまでの距離が長いです。

 

トイレの場合は手すりを座る時と立ち上がる時を考えてL字じの手すりをつけますが、
今回はそれに加えて便器までの手すりも必要。

ということで逆TタイプのTの字を逆さまにした形の手すりをご提案させて頂きました。

 

 

タイル壁なのでアンカープラグで手すりを固定します。

 

 

 

水平を測りながら設置して完成。

 

 

お客様には事前に「こんな手すりつきます。Tを逆にしたような手すりです」と説明させて頂いてたのですが、「思ってたのと違う!私が思ってたのよりずっと良いよ♪」と喜んで頂けました。

 

 

最初「思ってたのと違う…」と言われた時にはドキッ?!としました…(汗)

 

 

実際に手すりを持ってトイレに行って帰って使ってもらい、その時のお客様がにこやかな顔をされていて工事をさせてもらって良かったなーと思えた瞬間でした。
ありがとうございました!

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)