かっこよく照明器具を吊りたい!

まいどありがとうございます!
茨木市総持寺のあなたの街のでんきやさん「住まいるでんき館きょうしん」の店長けんじこと、堀切憲司です!

 

JR総持寺駅が先週開通しましたー!(←遅っw)
まだ通っただけで駅に入ってないのでまた時間見て行きたいと思います!

→茨木市のホームページ

 

 

さて今回は、お客様の店舗でテントを張り替えるのと同時に照明器具も新しくしよう。
とのことでご依頼を頂き工事をしてきました。

 

 

もともとテント内で照明器具を吊っていたのですが、以前は針金で吊ってました。

取替前の様子

 

また取替前は40Wの器具が2本つながっていましたが、
新しくするにあたって「2つをまとめて長いの1本にしたらどうですかー?」ということで、
「それでいけるならそれでいいよ!」とのことで40Wタイプから110Wタイプの長い照明器具1つに変更。もちろんLEDです。

 

 

そして「針金じゃなくてなんかすっきり見えるような吊り方にしてな!大層なことはせんでいいし!次の取替の時も簡単にできるようなの。」とご希望なので色々考えた結果…

 

 

ちょうどいいS字フックがあり採用しました。
耐荷重も充分耐えれるのでこれに決定。

先っちょが丸くなってるのでそこに照明器具本体を引っ掛けるようにしました。
そうすると、次の交換の時もひょこっと外すだけで簡単にいけますから。

 

照明器具自体に位置を決めて穴あけをしてフックを取付け。

 

あとは本体を取付けて、フック部分が万が一落ちないようにインシュロックで固定しました。

 

 

お客様にも「これでおっけーおっけー!」と喜んでもらい、テント工事の方にも「ちょうどいいフックあるんですねー」と驚かれてました。

 

 

いいようにして。って任させることは嬉しいです。が、任されるってことは信頼してもらってるので、その分、お客様の期待に沿う、期待を超えるようなことをしないと!プレッシャーにもなりますが、試行錯誤して出した答えに喜んでもらえることが最高に嬉しい瞬間の今回の照明工事でした!

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)