台所専用の照明器具って知ってますか?

いつもありがとうございます!
茨木市総持寺のあなたの街のでんきやさん「住まいるでんき館きょうしん」の店長けんじこと、堀切憲司です!

 

 

一昨日、昨日と電器屋の会で北海道へ行ってました。
いやー、帰ってきてからの大阪寒いです(笑)

北海道のことはまたブログに書くかもです。

 

 

本日のブログ

 

さて、先日茨木市のお客様宅でキッチンライト(台所専用の照明器具)への取替え工事をしました。

 

 

台所専用なんてあるの?って思われるかもしれませんが、あります。
普通の部屋につける照明器具を取り付けてる方も多いですが、なぜキッチンライトなるものがいいのか?

 

キッチンライトとはどんなものなのか?

 

キッチンライト
キッチンライト

 

 

これです。
写真でわかるように横長。

そうです。

 

キッチンは横に長いのでそのキッチンと平行に並ぶようのに取り付けれる照明器具がキッチンライトです。今までの照明では端っこのほうが暗かったー!なんて片もキッチンライトなら端っこも明るく見やすく、さらにはキッチン自体も明るくなって気持ちがいいです。

 

 

と、いうことで茨木市のお客様宅では今までは20Wの蛍光灯が2本並ぶ器具をお使いでしたが、故障にともないキッチンライトへ取替えました。

 

 

 

シーリング工事をして、器具を取り付けたら「パッと」明るくついて喜んでましたが、よーく考えると…

 

 

「スイッチがない!」という事態に…。

 

急遽スイッチ配線をすることになったんですが、ついていたのかちょうどキッチンの天井がジブシートーンで一部ネジ止めで点検口代わりになってました。

 

 

これを利用してスイッチ配線をしました。
焦っていたのでスイッチの写真を撮り忘れましたが完成したキッチンライトだけはばっちり撮影しました(笑)

 

 

以前の蛍光灯はひも式でひっぱっても「ん…あれまだつかない。故障?うーん…あっ!ついた。」なんて具合につくのが遅く、つく時もチカチカーっとしてからしか点灯しません。

 

 

でも新しいキッチンライトはLED式なのでスイッチを入れたらすぐ点灯!

 

 

明るくなったー!とお客様にも喜んで頂けて、急遽スイッチ配線でドタバタしてしまいましたが、良かったです♫

 

 

台所にはキッチンライト!よろしくお願いします!

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。