大きい冷蔵庫のほうが電気代が高い?安い?

まいどありがとうございます。住まいるでんき館きょうしんのけんじこと堀切憲司です。

いきなりですが、冷蔵庫ってなんとなーく大きいほうが電気代高いと思いませんか?大きくなればなるほどたくさんの電気が必要だから電気代が高くなると思ってしまいますよね。

でも、実は違います!

この図を見て下さい。

上の方に600とか550とか書いてあるのが容量。
これが大きいほうがたくさん入ります。

そして下の方の赤枠で囲ってるのが年間消費電力量。
この数字が大きいほど電気代が高く、小さいほど省エネ。

わかりやすく見ると、一番左のが容量600Lで電力量が283。
一番右が容量451Lで電力量が390。

つまり600Lのほうがたくさん入るのに電気代が安いんです!
これけっこう驚きですよね。

なので、冷蔵庫の買い替えの時は、
「あんまり大きいのだと電気代がかかるから…」と思って小さいのを選ばずに、
置き場所や容量や寸法、そして電気代も考慮して選ぶことをおすすめします!

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)