高槻市北昭和台町でIHとエコキュートを取り付けるオール電化工事

未分類

高槻市北昭和台町で、パナソニックIHクッキングヒーター(KZ-KG22BP)と、
パナソニックエコキュート370Lフルオート(HE-W37BQS)を取り付ける、
オール電化工事が完成しました。

今回のお客様はこれまでガスコンロとガス給湯器と風呂釜をお使いでした。

風呂釜の故障でご連絡をもらいすぐお伺いしました。
年数もかなり古くなっていて修理は難しかったので、買い替えをご提案しました。

また、元々台所の横についてるガス給湯器も15年と年数がたっていたので、
そちらも外してガスの場合とオール電化の場合の見積もりをさせていただきました

少し離れた場所に住んでいる娘さんに一度相談して後日連絡することになりました。
幸い、お風呂のカランはガス給湯機とつながっているので、お風呂にも入れました。

そして、翌日「娘さんがもうこの際やから安心なオール電化にしてもらったら?」

ということで、オール電化にさせていただきました。
本当にありがとうございます!

今回ガスを閉栓するので、毎月の電気代が10%引きです!

それでは工事の様子をご紹介します。

こちらが今ままでお使いのガスコンロです。

ガスコンロ

かなり古くなっていて魚焼き(グリル)の部分も壊れていたそうです…。

コンロを外して、200Vの配線をします。

1次側の幹線も張り替えたので、メーターで分岐させて配線しました。

メーター外観

電力メーターは後日電力会社から取替えに来てくれました。

メータをずらして、横に防雨ボックスをつけて配線しました。

ボックスの中はこうなっています。

ボックス内

IH用のブレーカーとエコキュート用のブレーカーを収めてあります。
天井裏と床下を通せなかったので今回は露出配線になりました。

ボックスからエコキュートとIHの配線をしました。

配線

露出なので外から見てもキレイなように配線します。

途中でエコキュートの配線とIHの配線を分岐しました。

配線分岐

外壁を折り返して台所の裏まで配線しました。

配線外観

台所の裏に穴をあけて、配線を通しました。

200Vのコンセントを取り付けました。

200Vコンセント

IH専用のコンセントです。

そしてIHクッキングヒーターの完成です。

IH完成

これなら使ったあとにサッと拭くだけで、いつまでもキレイに保てますね。
年末のお掃除もグッと楽になりますね。

次にエコキュートの設置です。
設置スペースの関係もあって、こちらの路地に設置しました。

オール電化前の外観

幅が60cm以下だったので薄型のエコキュートを設置しました。

この奥に風呂釜があります。

ふろ釜

これも撤去しました。

ふろアダプター前

風呂アダプター接続用の穴が開いていますが、これは後で塞ぎます。

ガス給湯器は台所の横にありました。

室内ガス給湯器

室内のガス給湯器の操作はいつまでたっても怖かったそうです…。

タンクの基礎を作り、そこに設置します。

工事途中

もちろんコンクリートの中には鉄筋をいれてあります。

台所はリモコンがなかったので新たに配線しました。

台所リモコン

風呂リモコンも新たに設置しました。

風呂リモコン

そして配管工事を終えました。

追い炊き配管

こちらは追い炊き配管で、上に出ているのが風呂リモコンの配線です。

配管は全てカバーに入れます。

配管カバー

こちらのほうがキレイに仕上がるのと、保温性・耐候性に優れます。

エコキュートの室外機との配管もカバーに入れました。

ヒートポンプカバー

全ての工事が完了しました。

完成外観

工事と試運転を終えて、ちょうど娘さんも来ていただいてたので一緒に説明をさせていただきました。

翌日と2日後とお伺いさせていただいたら、

「お茶沸くのも早いし火力も強いね!お魚もおいしく焼けたよ♪」

と喜んでもらえて嬉しかったです♪

これからも火のないオール電化生活で安心して、快適に過ごしてくださいね!
このたびはありがとうございました!

総持寺の町のでんきや
スウィート・
運転中に右目のコンタクトレンズが外れてビックリした
店長    堀切 憲司

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

一番上に戻る