茨木市三島丘2丁目で分電盤入れ替え工事

こんばんわ。
夜食の誘惑に毎日負けそうな、店長のけんじです。

さて先日IHクッキングヒーターを取り付けたお客様の
分電盤の入れ替え工事をしました。
(工事の様子はコチラをクリック)

分電盤の容量増設入れ替え工事とお台所のブレーカーが

よく切れる、ということで、新たに2箇所コンセントの増設をしました。

既存のブレーカーがこちらです。

P1000982.jpg

まずは、先にコンセントを仕上げます。
(最後に分電盤を交換したほうが、停電時間が少なくて済みます。)

P1010079.jpg

屋根裏は通せなかったので、今回は室内をモールで仕上げました。

ちょうど、コンセントの位置とは逆の壁からの配線だったので、

部屋を半周ほど、モールで配線しました。

P1010081.jpg

ちょっとわかりづらいですが、
奥の角のほうから、入ってきています。

P1010080.jpg

壁を回って、最後にコンセントと位置まで配線しました。

もう1ヶ所は、写真を忘れてしまいました!(涙)

次に既存の分電盤を外します。
(もちろん、この間は停電します。)

P1010082.jpg

うじゃうじゃ~、ニョロニョローって線がいっぱいですが、
ちゃんと整理して、負荷がかからないように配線しました。

そして、完成です。

P1010083.jpg

「これで、安心してレンジとか、オーブン使えるわ!ありがとう。」

と、喜んでもらえたので、ホッとして、楽しく、お役に立てた仕事が出来ました♪

このたびは、ありがとうございました!

あなたの町のでんきやさん
スウィート・きょうしん
店長  堀切  憲司

コメント

  1. 中西 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    電気工事を気軽に頼めるのが、町の電器屋さんのいいところですよね。
    ちなみに、配線する際に、屋根裏に入れる家と、入れない家はどこが違うのですか?

  2. けんじ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 中西くん
    コメントありがとう!

    うちでは、屋根裏へ入れたらほとんど、屋根裏配線するけど、
    階段があったり、
    配線の隙間がほとんどなかったり、
    点検口が小さくて、頭しか入らない時とかの時です。

    なるべく、屋根裏配線で考えるけど、
    どうしても無理!っていうお家だと、そのほかを考えてます。

    中西君のところはどうしてますか?

    ちなみに、今回のお客様の場合は…

    ・1階に点検口がなかった
    ・分電盤から台所の間に階段があって
     屋根裏が一部なかった
    などなど、色々検討して、今回の配線にしました。

    ほんと、現場現場によって違うな~。

タイトルとURLをコピーしました