茨木市三島丘2丁目でトイレの改装工事

未分類

こんばんわ。
今日3人のお客さんに「顔が丸くなった」と話をしていて
「たこ焼き顔になったんですよ」と説明をしていた店長のけんじです。

先日、茨木市三島丘2丁目でトイレの改装工事をしました。

こちらのお宅では今まで和式トイレでしたが、
やっぱりだんだんしんどいということで、洋式トイレにすることになりました。

それと一緒に、壁と床もしなおしました。

これが以前のトイレです。

P1030155.jpg

洋式にするので、壁のタイルをはがし
床もやりかえることにしました。

また、通常の便器だと奥行きの問題で、
入り口と便器までの距離がほぼなくなってしまうので、
小さいサイズのタンクレストイレを取り付けました。

まず壁と床をはがします。

P1030158.jpg

壁は土かべで、トイレが家のまん中にり窓がないため
すごくほこりがまいました。カメラも曇っています…。

床もはがして、給排水の位置を移動しました。

P1030160.jpg

次に床の下地をやり直しました。

P1030161.jpg

壁もクロスにするために下地をしました。
柱を450mm間隔でしっかりいれました。

P1030163.jpg

クロスを張るための、下地はベニヤ板です。

P1030164.jpg

僕の担当は電気工事でしたが、
写真は思いっきり忘れました…(反省)

そして、その上からクロスをきれいに張りました。

P1030166.jpg

床と壁のクロス張りが終わり、便器を設置しました。
タンクレスでしたので、入り口の邪魔にならないところに手洗いをもうけました。

P1030167.jpg

そして水漏れを点検し、機器の試運転をして完成です。

P1030168.jpg

新たに、手すりもつくりました。
これなら、座ったりするにも楽ですね。

P1030169.jpg

手洗いも小さいタイプを選んだので、
ちょうど壁の後ろにきれいに隠れました。

工期は3日間でしたが、この後お客さんにも

「うわ!きれいになったな!当分汚したらあかんから、トイレ別のところ借りるわ(笑)」

とむっちゃ喜んでもらえたので、ほんまに嬉しかったです♪
トイレって意外とリラックスできる場所なので
きれいになるってほんと気持ちがいいもんですね♪

このたびはありがとうございました!

総持寺の町のでんきや
スウィートきょうしん
店長   堀切 憲司

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

一番上に戻る