大阪府茨木市でエコキュートを取り付けるオール電化工事

未分類

こんばんわ。
スウィートきょうしんの堀切憲司です。

今日は大雨の中でしたが、
大阪府茨木市370Lフルオートエコキュート(HE-AK37DQS)
を取付けるオール電化工事
をしました。

今回のお客様は約8年ほど前に当店でIHクッキングヒーターを設置させていただいていましたので、
本日のエコキュート設置でオール電化住宅になります。

これからはオール電化で光熱費が節約できて、さらに毎月10%割引になってさらにお得です。

また、今回設置したエコキュート(HE-AK37DQS)は地域専門店限定高品質モデルの商品です。

それでは工事の様子をどうぞ!
(写真はクリックすると拡大して見れます)

P1000188.jpg
こちらが今までお使いのガス給湯器です。

まだ使用できますが、
安全面経済面からエコキュートへの
取替えをさせていただきました。

まずはガス給湯器の撤去からはじめました。

P1000199のコピー
分電盤に空きがなかったので、
別にエコキュート専用のブレーカーを設置しました。

また、もともと配線してあったIH用の配線と
エコキュート用の配線をまとめて、
配管カバー内におさめてキレイに仕上げました。

この白い配管カバーは元は水道配管用ですが、
今回は見た目と施工性から電気配線用に使用しました。

P1000189.jpg
配線経路は分電盤から床下へ配線しました。

洗面に分電盤と床下点検口があったので、
そちらを利用して配線しました。

P1000194.jpg
床下から通気口を使って外壁まで配線しました。

露出配線部分は配管カバーを使い、
見た目&耐久性を考えて仕上げます。

P1000195.jpg
写真ではわかりずらいですが、
外壁の曲がり角の部分もカバーで仕上げました。

配管途中の丸ボックスは、
アース配線の接続をおさめています。

P1000193.jpg
拡大してみるとこんな感じです。

P1000196.jpg
分電盤から床下を通って、
一度通気口から外壁へ出した配線を
さらにもう一度通気口へ戻しました。

P1000198.jpg
床下換気扇のカバーを貫通させて配線しました。

分電盤 → 床下 → 家の裏側の通気口 →
正面の通気口 → エコキュート本体

という配線経路です。

P1000191のコピー
給水・給湯・追い炊き配管の位置を変更します。

P1000204.jpg
台所リモコンを交換しました。

P1000200.jpg
風呂リモコンも交換しました。

P1000201.jpg
水気の浸入を防ぐためにコーキング処理をします。

P1000205.jpg
配管部分はカバーに収めて仕上げました。

この方が見た目にもキレイですし、
耐候性もバッチリです。

P1000203.jpg
そして朝の9時ごろから工事を開始して、
3時過ぎに全ての工事が完成しました。

設置後も安心の
8年パーフェクト保証付きです。

設置後、試運転をして取扱説明をさせていただきました。
お客様にも「雨の中ご苦労様。きれいに工事してくれてありがとう♪」と工事の仕上がりにも大変満足していただけてよかったです。

これからは安心・安全、さらに光熱費を節約できるオール電化生活で毎日を楽しく過ごしてくださいね!

この度はありがとうございました!

スウィート・

店長  堀切 憲司

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。