最近思う、エアコンの可能性。

いつもありがとうございます。
住まいるでんき館きょうしんのけんじこと、堀切憲司です!

これから梅雨が来てー、暑い夏が来てーと考えるだけで汗が吹き出てきますが、
ココ最近エアコン工事をしながらふと思うことがよくあります。

それはエアコンってもともとは生活を快適にする豊かにする、ってことです。
これは電化製品全般に言えますが。

ただ、毎年熱中症とかで倒れました!なんてニュースを見ます。
そして「エアコンを使った形跡はなかった」なんてことも見ます。

よくお客様からも「昔は夏でも涼しかった時もあるし、窓あけてればけっこう快適やったんよ!でも今の時代にはこれだけ建物もあるし道路もアスファルトやし年々暑さがきつくなってる感じやね」なんてお話してもらうことも多いです。

僕もはい!はい!と頷きながら思いっきり共感です。
毎年きついぐらい暑いです。そんな中エアコンで冷房をつけないなんて暑がりの僕には考えられません。

熱中症でもフラ〜っと来たときには遅いといいますし、
本当にゆるくでいい28度とかそれこそ30度ぐらいでもいいと思うので、
快適のためではなくて、命のため、体のため、安全のためのエアコンだと感じることが多くなってきました。

ぜひ、無理をせずエアコンは使いましょう!
そしていざ本番!の時に使えないことがないようにぜひ試運転をお願いします。

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)