ドアホンの隠れた魅力。

まいどありがとうございます!
住まいるでんき館きょうしんの店長けんじこと、堀切憲司です。

先日インターホンが壊れたお客様宅にてドアホンに取り替えました。

その時にドアホンへ取替えた最大の理由が「子機」でした。

足の悪いお客様でして、ピンポーンとなってもなかなかインターホンの所まで行けず、やっとついたら相手は帰ってる…がんばって出たら訪問業者…。

そんなご経験がありすぐに子機の便利さから子機付きのドアホンになりました。

手元に置いてて、ピンポーンとなったら顔も見えてすごく安心です。

子機付きはドアホンしかないですし、ワイヤレスのドアホンも持ち運びできますが、それだと親機(玄関外機)の電池交換の手間もあるので少し不便ですね。

なのでインターホンが遠い、足が悪い、2〜3階建てでインターホンが遠い方は子機付きドアホンを激しくおすすめします!

あと、自動録画機能もあるので留守の間の来客もわかるのも便利です。

The following two tabs change content below.

住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司

住まいるでんき館きょうしんの堀切憲司です。1982年4月28に生まれのA型です。 白ご飯が大好きで、趣味はサッカー(観戦専門)、バーベキュー(食べる専門)です。 2005年滋賀県草津市にある、『松下幸之助商学院』に入学して朝5時半に起き、 夜11時に寝る生活を1年間送り電器屋に必要な知識と技術を勉強して自店に入社。 また2010年に結婚、現在は長男・次男と2児の父親として奮闘中。 自分にとっての“商い”は、お客様が喜んでもらえることをこちらも楽しみながら続けていく。 だから“商い”は“飽きない”。 そんな想いで毎日自分自身とお客様が笑顔になれるような仕事を心がけています。

最新記事 by 住まいるでんき館きょうしん 堀切憲司 (全て見る)